渡辺美里 ~スタジアム伝説V20 NO SIDE~ その参

「渡辺美里 ~スタジアム伝説V20 NO SIDE~」

ライブ当日です
実は、昨晩の前夜祭にて、「ある事実」が発覚してました
それは、チケットを頼んでおいた仲間が奥さんの了承を得ていないために
ライブの来れるかわからないとの事・・・
とりあえず彼の名を「絶倫くん」としておこうw

事実関係の再確認
・絶倫くんは、鳥取在住である
・チケットは、彼の自宅にある(計4枚を所持)
・現時刻は、ライブ前日の23時過ぎ(郵便速達でも間に合わないでしょう)

西武ドームが最後となる今年・・・
チケットがなく、会場前で写真を撮るのもネタ的には美味しいなwと思いつつ就寝しました

ライブ当日の朝は、毎度の事ながら、二日酔い気味であり・・・
西武ドームまでの道のりが遠いこと×2(家から西武ドームまでは約2時間半)

西武ドームへ着く頃には、「絶倫くん」上京の一報が入り、一同は安堵を得ました(´▽`) ホッ

ライブ中は、写真を撮れませんでした(ライブに夢中さw)
d0047322_2319332.jpg

懐かしい曲のオンパレードでした♪
やはり古株(かな?)のオイラとしては、「Born To SKip」や「10years」あたりが青春を思い出します

いやぁ~今年も無事おわりました!
d0047322_231956100.jpg

昔のように、打ち上げを激しくはやらず、池袋近くの「和楽の郷」に行き、汗を洗い流し
ラーメンを食し、朝まで飲んでいる仲間の所へ合流しました
d0047322_2337258.jpg

毎年、朝まで飲み屋で会話を楽しむ(なんとも安心する空間です)
いつもの風景になりました♪

おわり

【後記】

この記事を書くにあたり
自分の中の渡辺美里を整理してみました
残念ながら整理はできませんでした

オイラにとって、「渡辺美里」は「夏」であり、「あの場所」である
「夏」になれば、「あの場所」は約束されたようにある
一年のめぐりは、「夏」を境にあった・・・「あの場所」と一緒に
「あの場所」が全てであったわけではない
だけど「あの場所」があるから「いま」を頑張れたのかもしれない
いつか「人」は、忘れてしまうであろう「あの場所」を
オイラは胸に抱き、新たなる「一歩」を

「いま」、

「この場所」の

「一歩」を踏みしめていく


                   遊 者


P.S そこで知り合ったファン仲間とも永い付き合いとなっている・・・
    それぞれに、事情を抱えて、西武に来れない者や
    いつの間にか、来なくなった者・・・

    その「出会い」と「別れ」

    全てに感謝<(_ _)>

    そして、最後に「風になれたら」より、このフレーズを
    「いつかきみに会える日のために」

    See you!!



その壱へ     その弐へ

渡辺美里 オフィシャルサイト


ランキング
[PR]

by yuusya_t | 2005-09-12 23:23 | 遊者の部屋  

<< ニキータ コタパパ諜報員 ~鞍馬サンドへ行く~ >>